栃木建築社

真岡 MOKA MODEL HOUSE

真岡
らせん階段で屋上にものぼれる、アウトドアリビングとしての中庭
くつろぎの空間が広がる屋上
中庭とLDKがゆるやかにつながり、暮らしの幅が広がる
天井の四辺を間接照明で囲み、シックな空間を演出
モノトーンで統一されたリビングのインテリア
キッチンの壁が縦方向と横方向にアールを描く
キッチンの背面には大型のパントリー
9帖の洋室は扉を開け放ち、中庭からの光を取りこむことができる
9帖の洋室から中庭を通して倉庫(土間)を見る
中庭に面した主寝室は、十字型の間接照明も印象的
主寝室から中庭を通してLDKを見る
主寝室に併設されたウォークインクロゼット
ウォークインクロゼットからつながる倉庫(土間)は趣味の空間に
LDKと同じくモノトーンでコーディネートした浴室
もちろん洗面室もモノトーン
間接照明、自然光が入る窓、大型の鏡がバランスよく配置されたトイレ
どこか厳かな雰囲気のある玄関ホール
木目がアクセントのポーチ、奥の格子から中庭にアクセスできる
無駄を削ぎ落としたシンプルな白い箱
屋上から中庭を見下ろす
キッチンの間接照明
玄関ホールの間接照明
シューズボックスに埋めこまれたブラックガラス
趣味の空間も徹底的にこだわって

中庭を囲んで回遊する家

プラン

1階床面積/107.65㎡(約32.50坪)
ウッドデッキ/24.84㎡(約7.49坪)
屋上/67.90㎡(約20.49坪)

コンセプト

まさに「白い箱」と形容するのがふさわしいシンプルな外観。その平屋住宅に窓はほとんどなく、望む暮らしを自由に描けるキャンバスのようでもあります。
L字型の間接照明を配置した玄関ホールは、直線的でスタイリッシュなデザインながら、神社の鳥居にも似た荘厳で神秘的な雰囲気が漂います。そして玄関ホールを曲がった先にあるのは、モノトーンでまとめられたLDK。天井の四辺を間接照明が囲み、ダウンライトのやわらかな光がダイニングを照らします。また、キッチンの黒い壁は縦方向と横方向にアールを描き、それ自体がひとつのアートとして存在感を放っています。
間取りは中庭を中心とした回廊状で、中庭を通して陽のぬくもりを感じ、中庭を通して各部屋にいる家族の気配を感じる設計に。洗濯物を干すスペースとしてはもちろん、おうちキャンプやドッグランなど、使い方は自由自在です。さらにらせん階段から屋上に上がれ、平屋なのに2階建のアウトドアリビングを楽しむことができます。

ポイント

1「平屋」「中庭」「屋上」の魅力がつまったモデルハウス

2中庭の一角にペット専用足洗い場も設置した「愛犬家のための家」

3住宅の熱損失のうち50%以上が窓から?窓を少なくすることで高断熱住宅を実現

来場予約 モデルハウス一覧