栃木建築社

鹿沼 KANUMA

鹿沼
天蓋をイメージした布で照明を覆い、リゾート感を演出
大理石と間接照明を背面にあしらった造作のテレビ台
キッチン横からテラスに出入り可能
テラスには藤家具を置き、アジアンリゾートなくつろぎを
玄関ホールから続く小上がりの和室
和室前の通路には地元の大谷石を使用
小上がりのベッドルームは間接照明にも遊び心を
建具や床材の色を変えてショールーム的な要素も備えた洋室
雨の日でも洗濯物が干せるインナーバルコニー
2階の廊下部分にも洗面台を設置
高級感仕様のバスルーム
特注の洗面ボウルを置いたオリジナルの洗面台

わが家をアジアンリゾートに

プラン

建築面積/72.87㎡(約22.00坪)
1階床面積/65.41㎡(約19.75坪)
2階床面積/53.20㎡(約16.06坪)
合計床面積/118.61㎡(約35.81坪)
敷地面積/262.50㎡(約79.25坪)

コンセプト

1995年に建てられたモデルハウスを2018年にリノベーションしましたが、間取りはほとんど変更していません。広々とした玄関ホールやその先につながるテラスなど、四半世紀前のものとは思えないプランニングで、当時からの設計力の高さを物語っています。
リノベーションのコンセプトは「アジアンリゾート」。LDKの照明を覆う天蓋、大理石と間接照明を背面に施した造作のテレビ台、エアコンのルーバーなど、細部に至るまでリゾート感を追求しました。また、Ⅱ型のアイランドキッチンや、2ヶ所から出入りができるテラスなど、ホームパーティーに適した仕様になっています。
そして、和室前の通路に大谷石、和室の壁に麻紙を使用した、地産地消がテーマのモデルハウスでもあります。

ポイント

11995年築のモデルハウスを2018年にリノベーション

2地産地消をテーマに地元の大谷石や麻紙を使用

3オリジナルのテレビ台や洗面台など造作家具も展示しています

来場予約 モデルハウス一覧