栃木県のデザイン注文住宅・リゾート&ガレージのある家|株式会社 栃木建築社

メニュー

STRUCTURE

構造

耐震性能

栃木建築社では、耐震等級3相当を標準としており、デザインと耐震性の両立した建物の設計をしています。

断熱性能

平成25年省エネ基準の3地域に相当する断熱材を標準仕様としており、お施主様からのご要望により、変更も可能です。


高性能グラスウール
旭ファイバーグラス アクリアα 使用 御客様の要望により変更も可能です。


吹き付け断熱
水から生まれた発砲新断熱材(モコフォーム)を推進。通常の断熱材はガスを使用して充填させることが多いですが、
モコフォームは硬質ウレタンフォームの特性を生かし水を使って発砲させます。
オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない地球環境に優しいウレタンフォーム素材として開発されました。


オプション
発砲断熱材 各種
高性能遮熱材 等
ブローイング各種

基礎

基礎は建物の基本となるものです。地耐力、地震力、積雪荷重などの地域特性を総合的に判断した基礎設計を行い、地震の揺れに耐える強固な基礎を造ります。
根切り(土を掘る)、地業(土地を固め平らにする)の工程後、配筋そして型枠を取り付け、コンクリートを流し込み建物全体を支える基礎部分を造ります。コンクリートを流し込む前に、建物の土台と基礎を固定するアンカーボルトを設置し、精度を高めます。
鉄筋の種類、配筋そしてコンクリート強度、時期に合わせたコンクリートの種類・養生期間等を管理しています。

構造体

従来、木造住宅の構造体は経験を積んだ職人が1本1本の柱や梁を目利きしながら接合部をノミを使い、加工し、現地で組み立てを行いました。この「刻み」という加工工程は、30坪の住宅で10~14日かかり、その精度においても加工する大工の技量に依存するものでした。現在は安定した品質、強度を保つために、

といった方法を取り、良質な住宅を供給する進化した木造住宅です。
「ハイベストウッド」で快適な住まい、優れた構造強度、高い耐久性が得られます。


丈夫・長持ち・快適な住まい
安全性 : 耐力壁として高性能、地震・台風に強い安全な家
耐久性 : シロアリ・腐朽菌の抗力にすぐれた、じょうぶな家
居住性 : 断熱材がきちんと収まる冷暖房効率のよい家
将来性 : 高壁倍率で設計が自由に将来がたのしみな家
信頼性 : IS製品で安定した品質性能確保で、安心な家
環境性 : 地球環境、森林破壊を緩和するやさしい家


高耐水性、シロアリ、腐朽菌にもすぐれた抵抗力
木材を繊維化、熱圧成型し生産された木質材料で、均一で安定した性能を確保でき、他の木質材料と比較して耐久性にも優れ、
腐朽菌に侵されにくくシロアリによる食害も少なく高抵抗力を発揮しました。


構造強度を高め、地震に強い住まい
土台、柱、横架材を構造用ハイベストウッドで一体化し、構造用合板などを利用し剛床とすることで、全体をひとつの箱にし、
壁全体で外力を受け止め、優れた耐震・耐風性能を得られます。


通気工法の下地材として最適、住宅の耐久性を高めます
ハイベストウッドは、他の面材と比較して透湿抵抗が低く、壁内の湿気をスムーズに排出し、住宅の耐久性を高めます。

CONSTRUCTION

工法

新築木造住宅工法

A Type
木造(在来)軸組工法+剛床工法+ハイベストウッド工法+省令準耐火構造
B Type
<+0仕様> Aタイプ+吹き付け断熱(ウレタン吹き付け)高遮熱
C Type
ツーバイフォー(2×4)工法+省令準耐火構造(MONOBOX)
D Type
鉄骨造
E Type
ウインウッド工法
F Type
スーパーウォール工法
G Type
スーパーストロング構造
H Type
Aタイプ+制震装置
I Type
JWOOD工法(LVL構造材を用い、接合部に金物を使用した新・在来工法)

A Type木造(在来)軸組工法+剛床工法+ハイベストウッド工法+省令準耐火構造
(当社の標準仕様です)

日本の長い歴史の中で培われてきた木造在来軸組工法に、水平剛性を強め、水平方向の変形に強い剛床工法と筋交いの代わりに強度をより高めたハイベストウッド工法を取入れることにより、耐震等級3をクリアーし易くしております。また火災に強い省令準耐火構造を採用することにより火災保険のランクを高めています。

木造軸組構造の省令準耐火構造

省令準耐火構造とは、住宅金融公庫法施行規則(昭和29年6月23日付の旧大蔵省・旧建設省令1号)の1条に定める「準耐火構造に準ずる耐火性能を有する構造」のことで、いままでは主にツーバイフォーやプレハブの工法が受けてきたものが、木造軸組工法でも住宅金融支援機構の業務運営並びに財務及び会計に関する省令(平成19年財務省・国土交通省令第1号)で定める技術基準に適合する住宅、建築基準法の準耐火構造とは違い、比較的簡易な仕様で効果的な防火性能が得られる構造です。(注:建築基準法の準耐火構造が要求される建物には対応してません。)省令準耐火構造登録会社 会員番号:1B337

省令準耐火構造のメリット

B Type<+0仕様> Aタイプ+吹き付け断熱(ウレタン吹き付け)高遮熱

Aタイプにスマハ仕様の吹き付け断熱高遮熱を取入れた仕様です。

C Typeツーバイフォー(2×4)工法+省令準耐火構造

日本でもメジャーになったツーバイフォー(2×4)工法です。
正式名は「枠組壁工法」と呼ばれ、面で支える構造の為、構造耐力に優れ、高い断熱性気密性が確保されます。
また火災に強い省令準耐火構造を採用することにより火災保険のランクを高めています。

E Typeウィンウッド工法

進化した木造軸組工法 ~安全性、耐震性に優れた木造躯体です~


高精度の構造体
従来、木造住宅の構造体は経験を積んだ職人大工が1本1本の柱や梁を目利きしながら接合部をノミを使い、
加工し、現地で組み立てを行っていました。この「刻み」という加工工程は、30坪の住宅で10~14日、
その精度においても加工する大工の技量に依存するものでした。 ウィンウッドは安定した品質、強度をを保つために、

といった方法を取り、良質な住宅を供給する進化した木造住宅です。

高耐久だから長持ち
住まいを長持ちさせるには、適材適所に材料を使う必要があります。
ウィンウッドでは木材の中でも耐久性、湿気にも強いベイヒバ集成材を土台に、柱や梁はレッドウッド集成材を使うことで、
安定した品質を確保することはもちろん、耐久性の高い構造体を構成しています。また接合部の金物は3層の防錆加工を施されているため、
錆びにも強く、より永くお住まいいただけます。

高強度だから安全構造
ウィンウッドは強度が明確な集成材、金物を使用するため、荷重のかかる箇所には耐えられるだけの梁や金物を使用しています。

F Typeスーパーウォール工法

木造軸組構造をベースに高性能SWパネルをプラスした高気密・高断熱・高耐震構造。冷暖房や計画換気システムを組み込んで、
部屋ごとの不快な温度差や空気のよどみなどを解消し、住まいの基本性能を大きく向上します。


SW工法住宅の構造
木造軸組に高性能スーパーウォール・パネルを床・壁・屋根(天井)にはめ込んだ独自の高断熱・高気密構造です。


SW安心宣言

地震に強い
耐震診断実施・国土交通大臣認定「5倍パネル」


公正な検査・証明
SWパネル出荷証明・建築現場を公正中立な第三者機関が検査


省エネ・快適
概算年間冷暖房ランニングコストシュミレーションを実施・次世代省エネルギー基準適合住宅・気密測定実施・性能報告書


充実の保証制度
建物完成引渡保証・断熱材[ウレタン]内部無結露保証35年・換気5年保証[けいざい君]

G Typeスーパーストロング構造体VALUE

『スーパーストロング構造体VALUE』はLIXILの設計検査を受けた耐震等級3の耐震補償付き住宅です。


「耐震等級3」相当の耐震性
「耐震等級3」は最高等級・建築基準法の1.5倍の耐震性。「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、
住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、
この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。


耐震等級3相当の強さの理由


安心の理由

H TypeAタイプ+制震装置

Aタイプに制震装置を取り付けることにより地震時の揺れを軽減し、より地震に強い建物にすることが出来ます。