Blogスタッフブログ

〈建築知識〉24時間換気について

こんにちは


監理設計の柏嵜です。


今日は、24時間換気ついて簡単に説明したいと思います。


24時間換気は2003年に義務化され、居室の空気を1時間に0.5回以上入替できる換気装置の設置を求められています。義務化の背景は、アルミサッシの普及、断熱材防湿フィルムなどによる建物の気密化が進み、新建材から発生するホルムアルデヒドなどの化学物質による、シックハウス症候群等の健康へ影響が問題化されたことによります。


 換気方法は、3種類あります。


  ①第1種換気方式(給気、排気ともに機械で強制的に)


   熱交換ができ確実な換気のできる理想的な換気方法ですが、イニシャル・ランニング・メンテナンスなどコストが高くなります。


  ②第2種換気方式(給気は機械で強制給気、排気は排気口から自然排気)


         特殊な部類の換気方式で、一般での採用は、少ないです。


  ③第3種換気方式 (給気は給気口より自然給気、排気は機械により強制排気)


   第1種換気方式に比べ、安価で採用の多い一般的な換気方式です。